BICPニューヨークオフィスがお届けする定期ウェビナー第5回「パンデミックからエンデミックとなった 米国の社会と生活者の意識変化」開催のお知らせ

JaM Japan Marketing LLCの共同創設者&マネージングメンバーの大柴ひさみ氏を講師としてお迎えし、第5回ニューヨークオフィスセミナーを1014日(金)に開催します。


newyorkBICPNYlogo_CMYK


今回のセミナーでは、COVID-19がパンデミック(世界的な流行)からエンデミック(一定期間で繰り返される流行)扱いとなり、日常生活を取り戻した米国の生活者の実態を、消費者インサイトにフォーカスを当てながら最新事例を紐解いていきます。アメリカを拠点に、さまざまな企業のマーケティング活動やコミュニケーション活動の支援をされている大柴氏をお招きし、セミナーを開催します。


今回のウェビナーで取り上げる内容:

1. 米国経済の現状
2. Withコロナ時代の消費者の価値観・行動は?
3. 若年層の意識調査
4. 消費者の価値観を反映したブランドの台頭
5. 消費者と企業にとってサステイナビリティとは?
6. 継続するリモート勤務で働き方改革に拍車、仕事の変革期
7. Cookieless・Metaverse・暗号通貨・NFTなどの動向


BICPは、新しいビジネスモデルの開発に取り組まれている方、ブランドを統括されている方など「挑戦するマーケター」の皆さまに是非ご参加いただきたいと考えています。

大柴氏にはユタ州セントジョージから参加いただき、米国で暮らしながら肌で感じている「リアル」をお話しいただく予定です。いつもと違う視点で新しい視座や気づきを感じていただけると思いますので、ぜひお申し込みいただけますと幸いです。

■ウェビナー概要

場所 :オンライン配信(Zoom)でのウェビナー形式

時間 :10月14日(金)10:00〜11:30

プログラム :
10:00〜10:10 オープニング
10:10〜11:15 大柴ひさみ氏によるウェビナー
11:15〜11:30 質疑応答

参加費:無料

セミナーに申し込む

 

※フォームへの入力後、Zoomへの登録をおこなっていただく必要があります。
※過去参加されたことがない方もご参加いただけます。

 

■大柴ひさみ氏から皆様へのメッセージ

Hisami Profile Photo


Pandemicが終焉したと位置付けられる2022年のグローバル社会は、年初からロシアのウクライナ侵攻、サプライチェーンの混乱、エネルギー問題、米国株式市場の失速、インフレ高進、景気後退の兆し、政治における党派性の増大など、社会経済の数多くの課題が渦巻いています。そんな状況下で、コロナをEndemicとして受け入れ、日常生活を取り戻した米国の生活者は、Gen Z & Millennialsを中心に、改めて自分の生き方、働き方、価値観、意識、消費者行動を再認識している現状があります。今回は、現在進行形でどんどん変化する米国社会のリアルな生活者の実感を元に、DEI(多様性、公平性、包括性)やサステイナビリティというキーワードを中心に、マーケティング&コミュニケーションに携わる人間にとって何が重要かを語ります。

 

大柴 ひさみ(おおしば ひさみ)氏プロフィール

共同創設者&マネージングメンバー JaM Japan Marketing LLC
サンフランシスコ・シリコンバレーを拠点に、日本企業の米国市場向けの製品及びマーケティング戦略の開発、さらに数多くの消費者・製品調査を手がけている。16年間の電通Y&R勤務後、1995年米国移住。米国マッキャンエリクソンを経て1998JaMを設立。2010年以来サンフランシスコと東京のad:techでは5回登壇し、ad:tech tokyoのアドバイザリーボードメンバーとして、日本のマーケティング業界のグローバル化に貢献した。クロスカルチャーなナレッジを基に、マーケター&消費者の両面から、時代を先取りする「リアルな米国マーケティング・コミュニケーションのInsight」は高い評価を受けている。著書にはひつじ書房刊『ひさみをめぐる冒険』、東急エージェンシー刊『YouTube時代の大統領選挙米国在住マーケターが見た、700日のオバマキャンペーン・ドキュメント』がある

 

■株式会社ベストインクラスプロデューサーズ(BICP)について

“デジタル時代のマーケティング・プロデューサー集団として20154月に創業。マーケティングプロセスのインハウス化をモットーに、広告代理店やコンサルティング会社とは異なる立ち位置でクライアント社内における①戦略プランニング、②チームビルディング、③データマネジメントのプロセス構築をサポート。201810月には、データマネジメント機能を強みに持つBICPデータを分社化。グループ各社の資源を組み合わせたオーセンティックなマーケティングプロセスと最新のデジタル潮流を踏まえたプロセス自体の変革、双方の視点を持ってクライアント支援を推進。
https://www.bicp.jp/

 

<本件に関するお問い合わせ>
株式会社ベストインクラスプロデューサーズ 成清(なりきよ)、下津(しもつ)、西村
E-mail:seminar@bicp.jp

 


    MORE SEMINAR POSTS